全裸コスプレ 05 園田みおん

AV鑑定団

118abp00514pl

美しさと可愛さを兼ね備えた極上のAV女優、園田みおん。

美人と美少女の入り混じる整った顔立ちにスレンダーなボディ、そしてGカップ巨乳と文句なし。

そんな彼女が満を持して、プレステージの人気シリーズ「全裸コスプレ」に登場だ。

本シリーズは、「全裸」と「コスプレ」、この矛盾したキーワードを梃子に、ダイナミックなエロティシズムを描く。

シリーズ5作目となる今回は、矛盾の構造をさらに斬新で革新的なものへと刷新し、より強烈なエロスを描写している。

というのも、今回はいままでの基本となる二律背反(全裸とコスプレ)に、園田みおんの個性を上手く引き出し、「美しさ」と「可愛さ」、「大人」と「少女」、「サディズム」と「マゾヒズム」といった新たな対立軸を加えているのだ。

とくに、サディスティックな痴女プレイは、いままでの彼女の作品の中でも珍しく必見だ。

プライドの高いセレブなギャルの、傲慢でエロティックな痴女感が抜群に醸し出されている。

そもそも、あまり演技が上手でないAV女優も多いが、彼女の演技力は完璧である。

バニーガールの妖艶な汗だくセックス、JKのラブラブ青春セックス、そしてメイドの従順なご奉仕プレイまで、様々な世界観をしっかりと表現できている。

多彩な世界観とコスチュームを、矛盾し、錯綜したエロティシズムへと昇華させる魅惑のAVファンタジー。

彼女の美貌と個性を存分に味わうための作品だ。

屈辱のバニーガール・セックス

1シーン目は、賭けに負けたバニーガールの汗滴る濃密セックスだ。

もちろん全裸であるが、ハイヒールと蝶ネクタイの組み合わせが、バニーガールの記号としてあしらわれている。

客との賭けに負け、カラダを差し出すこととなった彼女。

濃厚な接吻、耳舐め、パイ揉み。

男のいやらしい愛撫に少しためらいながらも、カラダは素直に反応し、女の声を漏らす姿はかわいらしい。

徐々に絡みはエスカレートしていき、彼女のおまんこはすでに大洪水だ。

片足をカジノテーブルにのせて、大胆に開脚した状態の手マンは、びしょ濡れとなったマンコを至近距離から接写する。

さらに、トロトロの女性器を直で舐めるクンニリングスは圧巻だ。

そんな濡れ濡れの膣内に肉棒をぶちこまれ、激しく喘ぎ、身を捩らせる。

カジノテーブルに積まれたチップの山を崩してしまうほどの過激なセックス。

裸の巨乳が崩れたチップの上にもたれかかっている絵面はエロすぎる。

ただ、欲を言えば、もう少しカジノテーブルを使った演出にこだわるべきであった。

その後の絡みは、部屋の脇に置かれたソファの上で展開していくが、我々ならば、確実にカジノテーブルの上でハメまくるだろう。

もっと大胆にチップをめちゃくちゃにし、カジノテーブルに汗と潮を撒き散らしながらの過激で卑猥なセックスが見たかった。

※カジノテーブルなど、そうそう家のベッドルームにあるものではないが、卓球台のあるラブホテルならばあるみたいだ。

ただ、本シーンでの彼女の絡みの本気度は極めて高い。

全身汗ばんで潤った肌がその証左である。

男のパワフルなセックスに呼応するかのように、全身の毛穴から大量の汗を垂れ流す様はエロティックだ。

ファブリック素材のソファにできた汗じみがセックスの濃密さを物語っている。

2016-09-12-23-53-58

従順メイドのご奉仕プレイ

2シーン目は、従順なメイドに性のサービスまで行わせるリッチボーイの主観プレイである。

食後のデザートとして、テーブルの上でM字開脚をした彼女の蜜壺をたっぷりと舐め回すクンニプレイは最高の贅沢だ。

さらに、アナル舐めまで堪能できるのだから、貴族の生活は最高である。

また、主観カメラと定点カメラを使い分けた演出技法が素晴らしい。

主観カメラの映像が、彼女をゼロ距離で描写し、さらに我々と男優の立ち位置をオーバーラップさせる一方で、定点カメラによって、彼女の美しいカラダの全貌までも捉えられるのだ。

男優は、彼女の前の穴と後ろの穴を心ゆくまでに味わった後は、さらに手の指から、足の指までをもしゃぶり尽くす。

まさに女体デザートのフルコースである。

足指を舐められ、恥じらいながらも感じてしまう敏感な彼女。

うっすらとマゾヒスティックな一面を見せる従順で上品なメイドである。

最後はご奉仕フェラチオでフィニッシュを迎え、大量の精子を顔で受け止める。

彼女の美しい顔が生臭いザーメンで汚される姿はたまらない。

118abp00514jp-11

全裸JK青春セックス

3シーン目は、放課後の教室内で繰り広げられる、ガールフレンドの全裸JKとのイチャイチャ主観セックスである。

若くて可愛らしい顔立ちである園田みおんは、清純な女子高生の役にぴったりと当てはまっている。

彼女はJKのリボンと紺のハイソックス、そしてローファーだけしか身につけていないが、たしかにそれだけでJKとして認識可能である。

全裸であるにもかかわらず、紛れもないJKだ。

彼女の巨乳と極上ボディは、やはり全裸であるからこそ魅力的である。

とくに、Gカップ巨乳の真ん中を占める巨大な乳輪は最高だ。

デカくて大味な、いかにもいやらしい乳輪であり、彼女の繊細な顔立ちとのギャップに興奮するのである。

なかでもパイズリプレイは、画面上で汚らしい胸と整った顔がせめぎ合い、ダイナミックな構成となる。

弾力のあるふくよかな胸に挟まれた肉棒の気持ち良さを想像するだけでイキそうになってしまう。

その後はもちろん、濡れまくった膣内に肉棒をぶち込むのだから、彼女のボーイフレンドが羨ましすぎる。

とはいえ、主観カメラによって、我々もボーイフレンドの立場を存分に味わうことができる。

放課後の教室内で、大好きな彼氏とセックスする幸せいっぱいのマジイキ顔は可愛らしくかつエロティックだ。

射精後のペニスをゆっくりと丁寧にお掃除する姿は小動物のようで愛くるい。

118abp00514jp-8

公衆便所に連れ込むセレブ痴女

3シーン目は、高慢なセレブギャルの主体的でサディスティックな痴女プレイである。

本シーンは、本作品のなかでも最も矛盾のひどい設定である。

なぜなら冒頭から、全裸である彼女のケツを追い回し、盗撮しようとする変態男が登場するからだ。

全身に派手なアクセサリーを身につけ、セレブ感丸出しの彼女であるが、もちろん服など着ていない。

全裸である彼女に対して、なぜ、まるでスカートを履いている女性であるかのように、近寄って、下から盗撮しようとするのか。

その矛盾に我々は興奮を禁じ得ない。

盗撮を発見し、激怒する彼女に対して、「いや、お前そもそも服着てないから」と思わず突っ込みをいれたくなってしまう。

本作品がAVの虚構性をファンタジーとして意識的に操作しようとしているからこそ、彼女は全裸であることに全く恥じらうことのない存在として君臨しているのだ。

変態男の盗撮を叱責する彼女であるが、実は、彼女の方こそ、真性の変態で欲望的である。

男を追い回し、公衆便所に連れて込んだ彼女は、その場で男に服を脱がせ、トイレの地べたに横にさせる。

ネイルで男の乳首を弄くり回し、唾液をたっぷりと垂らして手コキする女王様プレイは至極のエロティシズムである。

かわいい妹キャラになりがちであった彼女が、派手なメイクとギラギラのアクセサリーを身につけ、高慢で気の強いセレブ女を演じる姿は我々のマゾヒスティックな欲望を逆撫でする。

亀頭をネイルの先端で弄りながら、隠語と罵倒を浴びせる変態痴女。

さらにちんぐり返しをさせ、男のプライドを二つ折りにする屈辱の手コキプレイ。

フェラチオも唾液たっぷりで、濃厚なディープスロートがエロすぎる。

彼女がここまで振り切った役を演じている姿はおそらく初めてであろう。

園田みおんファンにとっても、マゾヒスティックな一般男性にとっても絶妙な痴女シーンであること間違いなしだ。

118abp00514jp-10

ブライダル全裸セックス

最終シーンは、これまた意味不明な、全裸ドレスの新婦との新婚ラブラブセックスである。

結婚式といえば、もちろんウェディングドレスを着た新婦こそが主役であるといっても良さそうだが、本作品で彼女が演じる新婦はドレスを着用せず、全裸で披露宴に参加しているのだ。

まったくわけが分からない。

ただ、そのエロさだけは分かってしまう。

ティアラだけが、花嫁としての記号を与える。

披露宴のシーンは、絡みもなくてもはやネタシーンではあるが、全裸のまま演技に没頭する様は倒錯的で見ごたえがある。

絡みは、新婚カップルらしい濃厚でラブラブなセックスだ。

クンニリングスで何度もイカされた後、さらにアナルまで舐められる姿は美しく妖艶である。

ウェディンググローブをはめたままの手コキ、フェラチオもいやらしい。

あえて手袋をはめたうえでの手コキは、いつもとは違った特別なエロティシズムを感じさせる。

結婚式場にふさわしい豪華なソファの上で、大胆に乱れ狂うマジイキセックス。

汗ばんだ顔が艶な光を放っている。

最後は彼女の顔に精子をお見舞いしてフィニッシュだ。

118abp00514jp-14

園田みおん×全裸コスプレ。美しさと可愛らしさを兼ね備えた彼女の、様々な側面を見せる多彩なシチュエーションが魅力的だ。汗かき体質なのか、汗だくになってイキ狂うバニーガールセックスは最高である。また、いままでにないサディスティックな痴女プレイも、美しく派手な顔立ちと相まって、見事に高慢で変態的なオンナを演じきっている。彼女のいろんな姿を堪能できる逸品だ。
【シーン1】
バニーガール、全裸ハイヒール、アナル接写、汗だく、唾液たっぷりパイずり、正常位顔射フィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン2】
メイドコスプレ、全裸ハイヒール、ご奉仕プレイ、クンニリングス、アナル舐め、足指舐め、テーブル土足、フェラ顔射フィニッシュ、ネバスペ接写
【シーン3】
JK、ラブラブセックス、いちゃいちゃ濃厚接吻、背面騎乗位ディープキス、正常位顔射フィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン4】
セレブギャル、S嬢、全裸ハイヒール、おっさんいじめ、乳首弄り、ちんぐり返し、唾液、玉舐め、顔射フィニッシュ
【シーン5】
全裸ウェディングドレス、アナル舐め、マジイキクンニ、騎乗位ラブラブ濃密接吻、正常位顔射フィニッシュ、お掃除フェラ
評価★★★★☆

118abp00514jp-4

118abp00514jp-5

118abp00514jp-6

118abp00514jp-1

118abp00514jp-2

118abp00514jp-3

118abp00514jp-9

118abp00514jp-12

118abp00514jp-13

cap_e_14_abp-514

cap_e_15_abp-514

cap_e_16_abp-514

あわせて読みたい記事