クジラ女の制御不能・連続潮吹き【調教SM】桜咲姫莉

AV鑑定団

商品名

女体鯨 淫汁噴射調教 桜咲姫莉

発売日

2017/08/19

AV女優

シリーズ

- - -

レーベル


大海に噴きあげる力強い水しぶきを彷彿とさせる、桜咲姫莉(おうさきひめり)の潮吹き。

彼女は、クジラ女である。

マンコの制御機能がぶっ壊れ、狂ったように潮を吹き続けるのだ。

自他共に認める変態痴女の彼女は、その強烈な欲望を全て潮吹きとして吐き出す。

本作品は、彼女のM気質な捻れた性癖を刺激し、無尽蔵の潮吹きタンクを枯渇させるハード企画となっている。

潮吹きマニア、そしてSMマニアにはたまらない作品だ。

徹底レビュー

ブスかわいい桜咲姫莉

桜咲姫莉はあまりメジャーな存在ではなく、単体作品の出演数も20本以下である。

そして、現在活動休止中とのことで、なかなかマニアックな女優である。

そんな彼女は、デビュー作から潮吹き体質を売りにしており、まさに「秘められた潮吹きクイーン」であるのだ。

では、彼女のルックスはどうか。

一見すると、地味で微ブスな彼女。

だがしかし、よくよく彼女を見てみると、顔のパーツは整っており、肌も綺麗で、徐々にその可愛さに気づき始める。

噛めば噛むほど味が滲み出てくるスルメのように、飽きのこない可愛さ。

彼女は「丁度良いブサイク」なのだ。

くりっとした目はロリっぽく、口まわりの大きなホクロはだらしなくて色っぽい。

(ただし、活動休止中の現在、彼女はTwitterにおいて整形したことを公言している。もうこのブサかわいい彼女は存在せず、非常に残念だ。)

165cmでFカップと意外にスタイルがよく、ぽっちゃりではないもののお腹まわりのだらしなさは彼女らしい。

ddk00157jp-1

変態M痴女の調教SM

本作品は潮吹きクイーンが主役なだけに、「潮吹き」というキーワードに目がいってしまうが、ハードな調教SM要素もガッツリと取り入れられている。

そもそも彼女は、潮吹き鯨女であると同時に、性癖の歪んだ変態オンナでもあるのだ。

冒頭のインタビューで「変わったことをすることが好き」あるいは「男をナンパしてとっかえひっかえセックスしたい」、さらには「飼い猫とセックスする妄想をしている」と告白しており、かなり淫乱で変態な女である。

そんな彼女を調教する本作品のSMプレイは、彼女の新たな欲望を開花させる。

オナニーを視姦され、おもちゃで責められ、イラマチオで喉奥を突かれ、首を絞められたまま膣奥を突かれる彼女。

SMの強烈な刺激によって、より感じやすくイキやすいカラダとなり、結局大量の潮を吹くのだ。

彼女の変態志向は全て、潮吹きへと昇華するのである。

2018-03-01 23.28.47

クジラ女の多彩な潮吹き

彼女の潮吹きは多彩である。

いかに、本作品に収められたそのバリエーションを見ていこう。

ハメ潮

女の潮吹きは、一般的に「Gスポット」を強く刺激することによって発動する。

ゆえに、Gスポットを直接刺激する手マンは潮を吹かせやすいが、あまりGスポットをピンポイントで刺激することのできないセックス(肉棒の挿入)では、なかなか潮を吹かせられない。

にもかかわらず、彼女はハメながら大量の潮を吹く。

彼女の変態気質と、SMの刺激、そしてクジラ体質が重なって、ハメ潮は可能となる。

正常位で膣奥を突かれながら、ジャブジャブと溢れ出る潮は圧巻である。

オナニー潮吹き

女がオナニーでマジイキしている姿はエロい。

女のオナニーは秘められた行為であり、その禁止を侵して自慰行為をする姿は異様であり、興奮する。

そして彼女の場合、オナニーにおいてさえ、クジラの潮吹きを見せつけるのである。

彼女は、私生活においても好んで野外プレイや露出プレイをするほどに、「見られること」への欲望が強い。

それゆえに、実はオナニーを見られている彼女こそ、最も興奮している主体なのだ。

彼女の興奮のバロメータは潮吹きで表され、視姦されて噴き出す潮は、まるでスコールのようである。

カメラがびしょ濡れになり、映像自体が彼女のイキ汁まみれになる。

これはただのオナニーではなく、視姦とオナニー、すなわち彼女と、彼女が意識する「見る主体=我々」の相互作用によるダイナミズムがショートし、彼女のマンコから大量の潮が噴出するのだ。

2018-03-01 23.47.27

まんぐり潮吹き

彼女は、ドMだ。

調教SMプレイの中で、まんぐり返しをされた状態のまま、大量の潮を吹き散らかす彼女。

当然、宙を舞った潮は、彼女自身のカラダに降り注ぐ。

興奮し感じた自分自身のカラダから吹き出た潮で、びしょ濡れになるのである。

自らの行為に、自らが虐められる、セルフSM。

もちろんそこに、男優の手マンは介在するのであるが、それはただのきっかけでしかない。

彼女自身の汚らしい潮に濡られたカラダは艶めかしく光を反射し、魅惑的でエロティックだ。

また、恍惚とした彼女の表情も官能的である。

2018-03-02 23.48.05

調教SMプレイ

イラマチオ喉奥フィニッシュ

本作品は潮吹きだけでなく、調教SMについても徹底して描かれている。

1シーン目においては、オナニーをして快楽に溺れている彼女の前に男優が現れ、彼女のカラダを痛めつける。

ケツを叩くスパンキングに、耳や腿の甘噛み。

そして、喉奥深くまで肉棒を突き刺す強制イラマチオ。

このイラマチオが圧巻なのだ。

口をマンコのように扱い、激しく腰をふって、ピストン運動で喉奥を刺激するのである。

彼女の口からはドロドロの唾液が垂れ落ちて、汚らしい糸を引く。

最終的には、最も深いところで射精され、彼女の口いっぱいを精子で満たすのだ。

口から溢れ出るザーメンを、あえて手にとってネバスペする彼女は、やはり変態である。

そして、何も言わずにそのまま「ごっくん」をしてみせる。

桜咲姫莉はザーメン臭いオンナである。

2018-03-03 0.41.51

拘束おもちゃ責め

2シーン目は、縄で拘束され、身動きの取れない彼女を、おもちゃの強力な電動刺激で責め続けるプレイが描かれている。

バイブ、電マ、極太ディルドが彼女のマンコを力強く刺激する。

とくに、電動ドリルに取り付けられたディルドは、彼女のマンコを激しく掻き乱し、それに応じて大量の潮が勢いよく溢れ出る。

肉棒だけでなく、無機質なモノに犯される姿は、調教SMらしく見応えがある。

縄で縛られた彼女は、おもちゃを扱う男たちに抵抗するすべなく、何度も絶頂を繰り返す。

もちろんM痴女である彼女は、そのシチュエーションによってさらに興奮し、エクスタシーに浸った表情を浮かべるのである。

2018-03-03 0.03.04

舌掴み・首絞めファック

3シーン目は、調教SMの果てにようやくセックスが描かれるのだが、もちろん、肉棒を挿れてもなお、彼女への調教は止まらない。

彼女が冒頭のインタビューシーンで望んでいた通り、首絞めファックが描かれる。

正常位で膣奥を突かれながら、力強く首を絞められ、窒息寸前のイキ顔を見せる彼女。

極限状態の中で感じる刺激・興奮は強烈であり、またしても大量の潮をまき散らかす変態鯨女であるのだ。

また、首絞めだけでなく、男優は彼女の口の中に指4本を突っ込み、指イラマで口を犯す。

さらには、舌を掴んで引っ張り、弄りまわすのである。

まるで彼女のカラダをおもちゃのように弄ぶSMプレイは、とても破壊的であり艶かしい。

死の欲動(タナトス)を彷彿とさせる激しいSMはむしろ耽美的であり、生のエネルギーを感じさせるという、この矛盾こそエロティシズム固有の運動である。

2018-03-02 0.10.09

評価

作品のポイント

調教SMの刺激が、大量潮吹きへと昇華された見事な逸品。それはひとえに、桜咲姫莉の変態性とクジラ体質が奇跡的に掛け合わされて生まれたのであり、彼女はマイナーな女優でありながら、明らかな逸材である。

各シーン概要

【シーン1】オナニー潮吹き
インタビュー、全裸ハイヒール、スパンキング、マンコ接写、ガチ首絞め、耳噛み(♂→♀)、オナニー潮吹き、ローター、電マ、大量・連続潮吹き、白濁液、唾液、イラマチオ喉奥フィニッシュ、ごっくん
【シーン2】拘束おもちゃ責め潮吹き
3PハードSM、拘束(手枷、足枷)、クンニ、バイブ乳首いじり・クリいじり(♂→♀)、大量潮吹き(カメラびしょ濡れ)、電マ責め、まん汁滝流れ、首絞め、電動ピストン・ローションディルド、潮水たまり
【シーン3】連続潮吹き3Pファック
3P、耳舐め(♂→♀)、連続手マン潮吹き、イラマチオ唾液垂れ流し、首振りフェラチオ、ベロキス、アクロバティック後背位、腰振り騎乗位同時フェラチオ、ハメ潮、まんぐり潮吹き、首絞めファック、舌掴み(♂→♀)、正常位ぶっかけフィニッシュ+正常位口内射精フィニッシュ、ネバスペごっくん
評価★★★★★

無料サンプル動画

ddk00157jp-2

ddk00157jp-3

ddk00157jp-4

ddk00157jp-5

ddk00157jp-6

ddk00157jp-7

ddk00157jp-8

ddk00157jp-9

ddk00157jp-11

ddk00157jp-10

ddk00157jp-12

ddk00157jp-13

ddk00157jp-14

ddk00157jp-15

ddk00157jp-16

ddk00157jp-17

ddk00157jp-18

ddk00157jp-19

ddk00157jp-20

2018-03-02 23.46.18

2018-03-02 23.46.35

2018-03-03 0.42.47