AV鑑定団について

AV鑑定団
AKDbanner02red

 

AV鑑定団へようこそ。

本サイトは欲望と性癖に向き合うための知的なAVレビューサイトである。

アダルトビデオを鑑賞すること、あるいは性にまつわること全ては、知的な営みである。
知性による認識こそが、性的な世界を、より豊かに与えてくれる。

セックスはつねに、知的で野蛮な行為なのだ。

運営者について

我々は、性的欲望こそが人間の本質であり、性癖こそが人々の真の個性だと考えている。

我々は、欲望と性癖に向き合う紳士淑女の味方だ。

世間では虐げられ、罵られる性癖も、我々は広く受け止める。

その意味で、我々は、より多様なジャンルのAV作品を取り扱うレビューサイトをつくりあげるつもりだ。

また、AV鑑定団の団長については、以下のブログを参考にされたい。

※ブログ準備中

サイトのコンテンツについて

AVレビュー記事

我々のサイトは、アダルトビデオのレビュー記事をメイン・コンテンツとしている。

レビュー記事とは、我々の独断と偏見による、完全に独善的な意見である。

我々は、万人受けを狙った当たり障りのない記事を書くつもりは毛頭ない。

なぜなら、エロスとは、本来個別的で、アレルギーのようなものである。

だが、各々の特殊性にある深みは、超個性的なものとなり、人間本来の普遍性を獲得するのだ。

普遍性と特殊性の狭間。

それは、プラトン以来の、我々の知的創造における大問題である(唯名論と実念論、あるいはヘーゲルの弁証法もそうだ)。

ゆえに我々は、まず我々の性癖に向き合うことこそ、全ての人にとって価値のあるレビュー記事となることを確信している。

エロティシズムについて

あらゆる性癖を内包するひとつの根本的な図式がある。

それは、「禁止」と「侵犯」の二項対立だ。

これは我々がいたずらに言い始めたことではなく、フランスの思想家ジョルジュ・バタイユの示した図式である。

エロティシズム (ちくま学芸文庫)

 

隠されれば隠されるほど、それが暴かれたとき、より強力なエロティシズムが宿るのである。

セックスは、本質的に醜いものであるから秘められるのではなく、神秘的で恍惚であるからこそ、強く禁止されるのだ。

すなわちエロティシズムが教えることは、二項対立の図式には、つねに強烈なエネルギーが内包されているということである。

美しいものと醜いものが対峙している時、そこに強いエロスを感じるのは、我々のよく知るところだろう(美女の下品なセックスはその意味で極上である)。

そして、重要なことだが、この二項対立がそのまま(静的状態において)エロスを宿しているのではなく、その構造が危機的状況に陥る時に、エロスが解放されるということである。

エロティシズムは運動だ。

ジャック・デリダの脱構築が、二項対立の矛盾の構造を「暴くこと」(=行為)であったことが示唆的であるだろう。

デリダの言う通り、両極の項目(「禁止」と「侵犯」、「美」と「醜」)が単純に矛盾しているのではなく、共犯関係のような奇妙な結びつきを保持しているのだ。

我々は、禁止されたものを犯し、美しいものを汚す、その運動の中に強いエロティシズムを感じるのである。

以上の問題は、我々のレビュー記事においても、重要な視点を形成している。

評価基準と星の数

我々は独自の視点からAVの評価を行い、作品のレビューページに星の数で作品の点数を記している。
以下におよその目安を示す。

★☆☆☆☆
鑑賞する価値がない作品

★★☆☆☆
鑑賞しても損はないが、おすすめはしない作品。

★★★☆☆
鑑賞して十分に楽しめる作品。

★★★★☆
何度か鑑賞し直して、大変お世話になるであろう作品。

★★★★★
全く飽きのこない素晴らしい作品。

また、我々は作品のレビューページで、星の評点の下にそれぞれのシーンごとの簡単な描写を記している。
しかし、これらはシーンを概略したりまとめたりしているわけではなく、
あくまで我々の視点から評価すべきポイント、つまりヌけるポイントをリストアップしているのみに留まる。

特集記事

本サイトは、AVの個々の作品を扱うレビュー記事とは別に、主に以下の4つのジャンルで特集ページを設けている。

役割としては、まとめ記事のようなもので、基本的には、本サイトで扱った作品をベースに執筆している。

膨大な量のアダルトビデオ作品群のなかから、マイ・ベストな作品を探し出すときに利用していただきたい。

 

一般記事のイメージ

※なお、本サイトはアダルトサイトです。未成年の方はご退場下さい。