あやみ旬果・矛盾構造の「全裸コスプレ」???

AV鑑定団

商品名

全裸コスプレ 01 あやみ旬果

発売日

2016/05/10

シリーズ

レーベル


率直に、「全裸コスプレ」ってなんだ笑
全裸なのか、コスプレ(着衣)なのか。
完全に語義矛盾なのでは。
タイトルを見て、当然のように疑問がわく。

でも安心していただきたい。
女優自身、全裸であるのにそれを全く自覚していないという、設定までぶっ飛んでいるからだ。

つまりもう理性的に考えることはやめよう。

さて、しかし着衣のエロティシズムというのは、そもそもパラドキシカルな問題を抱えていたはずだ。
すなわち、全裸よりも着衣の方がエロい。
しかし、脱がなければハメれないし、局部をみることもできない。
そんな問題を壊してしまうのが本作であり、素晴らしい設定だ。

何かアクセサリーをつけることによって、全裸であり、着衣であるのだ。
そしてそのアクセサリーがコスプレとなり、舞台を用意し、物語を用意する。
ゆえにエロスに深みが出るのである。

とはいいつつも、私はそういう意味では、そもそも「全裸コスプレ」フェチであったのかもしれない。
なぜなら、女性の裸にハイヒールという姿が堪らなく好きだからである。

この作品でももちろん、全裸でヒールを履いて絡むシーンがある。
だが、本作ではさらにひねりを効かせる。

ひざ下丈のブーツのみを纏い、そしてそのヒールで男優を踏みつけているではないか。
我々のM心を刺激する。
その姿で手コキ、アナル舐めと、責められてはいるが、至れり尽くせりである男優が羨ましい限りである。

「全裸コスプレ」、間違いなく日常で女の子とやりたいプレイのひとつであろう。

 

【シーン1】
教室、制服のリボン、正常位顔射フィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン2】
オフィス、アナル舐め、フェラ、顔射
【シーン3】
バス車内、輪姦、ぶっかけ、顔射×5
【シーン4】
全裸ブーツ、アナル舐め、顔射
【シーン5】
ヘルメット、バイブ責め
【シーン6】
コック帽、正常位舌出しフィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン7】
全裸メイド、正常位顔射フィニッシュ、お掃除フェラ
評価★★★★☆

118abp473jp-5
118abp473jp-7
118abp473jp-12