ケツ汚いし顔もグロくてみる価値なし【坂口杏里】ANRI

AV鑑定団

商品名

芸能人ANRI What a day!!

発売日

2016/10/01

AV女優

シリーズ

- - -

レーベル

監督

- - -

芸能人、坂口杏里のAVデビュー作品。

母親の死、義理の父との確執からメンヘラを拗らせ借金漬けとなった彼女に、AVデビューの話が流れ込む。

おバカタレントとして活躍した彼女は、残念ながら正真正銘のおバカであった。

我々は、AV女優という職業を差別しようとしているのではない。

むしろ、第一線で活躍するAV女優たちは、そのプロ根性からして本物であるということこそを訴えたいのだ。

坂口杏里がおバカであったというのは、すなわち、彼女がAV業界の仕事を見誤り、AV女優を舐めすぎていたという意味においてである。

本作品は、最低最悪の出来栄えである。

なぜ彼女は、そのカラダで、服を脱いで勝負しようと思ったのであろうか。

彼女のカラダは、あまりにも汚くグロテスクだ。

とくに話題となっているのが、尻と乳首である。

デキモノだらけの汚らしいケツ。

そして、伸びきって肥大した、まるでコルクのような乳首。

彼女の裸体は、大衆の目に晒してはならないレベルのつくりなのだ。

芸能人という話題性のみで、ビジュアルも、そして後述するようにプレイ内容も酷すぎる。

彼女は、元芸能人というプライドだけが先行し、AV女優を舐めすぎているのだ。

正直、彼女よりもヌケる女優はこの業界にごまんといるだろう。

わざわざ彼女の作品を選ぶ必要は全くない。

2016-10-07-13-21-25

整形失敗

そもそも、服を脱ぐ前から、その顔もひどい有様である。

どう考えても整形に失敗した顔。

弄りすぎでグロテスクな目元。

整いすぎた目鼻のせいで、崩れたバランスの歯茎と歯並びが余計に際立ってしまっている。

ロバなのか、馬なのか、人の顔ではない。

グラフィックソフトでゴリゴリレタッチされたはずのパッケージ写真さえ、顔のイビツなつくりが滲み出てしまっている。

醜いものはエロい。

だが、それはあくまでも、美しさのなかに並存する醜さに限る。

醜いだけでは、ヌケない。

彼女のなかに、美しさはなにもない。

手コキ

本編の中でヌけるシーンはほとんどないが、さらに演出の設定自体もブレブレだ。

男優と初の絡みとなる手コキシーンでは、あまりにもわざとらしく下手くそな手コキを見せる彼女。

AVデビュー間もない初心さの演出であろうか。

ただ、彼女のデビューのいきさつは周知の通りであるし、彼女に初心な清純さなど、ほとんどの人が求めていないはずだ。

だとしたら、イメージ通り、アバズレで淫乱な、低俗な女をアピールすべきである。

芸能人がAV女優となること、その衝撃的すぎる出来事に、プレイ内容が全くついてきていない。

芸能界からのショッキングな転身の裏に、我々は彼女の過激な欲望を連想してしまう。

実際、ホスト狂いで寂しさを紛らわしていた彼女は、一般的な女よりも性に対する貪欲さが備わっているはずだ。

それを引き出すのは、彼女自身か、制作側なのかはわからないが、今のままでは駄作にすぎない。

2016-10-07-13-21-58

汚い尻

本番シーンにおいて、彼女のマグロっぷり、セックスの技術力不足、AV女優の演技力不足は、本作品以降から磨いていける側面である。

しかしながら、その酷すぎるビジュアルはどうしようもない。

まず、彼女の細すぎるカラダは、ババアような色気のないものである。

魅力的な肉感はなく、骨と皮だけの貧相な肢体。

乳首も渋い色で、だらしなく伸びきっており、若さも妖艶さもまるでない。

本当に、若いババア(?)を観ているかのようだ。

そして、股間周りもグロテスクである。

下の毛が剛毛で、おそらく処理のされてない生え際は、大陰唇の外側までびっしりと広がっている。

顔はいじって、下の毛の手入れは怠るなど、どういった美意識がそうさせるのか。

そして、前述の通り、ケツが汚すぎる。

デキモノだらけのケツと、黒ずんだアナル。

本来であれば、股間の接写シーンは魅力的でエロティックな演出になるはずであるが、彼女の場合は見るに耐えかねない。

早回しで飛ばしてしまうほどのグロテスクさである。

というよりも我々は、本編自体ずっと早回しで鑑賞し、レビューしているが。

本作品はあらゆる点で、真面目に観る作品ではないのだ。

2016-10-07-13-23-05

坂口杏里の衝撃デビュー作品。衝撃的なのは話題性だけで、作品内容は酷すぎる。全く観る価値のない作品。貧相なカラダや、汚いケツ、伸びきった乳首といったグロテスクな映像が好きな読者にのみおすすめの奇作。
【シーン1】
インタビュー(記者会見風)
【シーン2】
手コキ、手ぶっかけ
【シーン3】
乳首舐め、フェラチオ、正常位ぶっかけフィニッシュ
【シーン4】
フェラチオ、手コキ、口内射精
【シーン5】
染みパンツ、正常位ぶっかけフィニッシュ
【シーン6】
クンニ、濃厚ベロキス、69、正常位顔射フィニッシュ
評価★☆☆☆☆