若いオンナの女体盛り・わかめ酒・潮吹き酒【由愛可奈】

AV鑑定団

変態エロアスリート、由愛可奈(ゆめかな)。

欲望の強さとタフすぎる運動量が暑苦しすぎる美人痴女である。

そんな彼女が全裸店員企画に挑戦だ。

実は演技力もある彼女が、ドラマ仕立てのエロティック・ショーを披露する。

スケベな全裸店員が、客の肉棒に囲まれて淫らに狂う姿は凄まじい。

とくにプレイを彩る要素は「潮吹き」「イラマチオ」

数メートル先まで濡らす豪快なスプラッシュ潮吹きと、唾液・嗚咽の止まらないハードなディープスロートである。

エロ強い淫獣である彼女のSEXは、つねに下品で過激で圧巻だ。

まさに淫乱な彼女の味わいを生かした良作である。

徹底レビュー

由愛可奈という性獣

由愛可奈は淫乱・変態女優として有名だ。

とにかく欲望の強い、性欲まみれの薄汚れたオンナである。

飽くなき探究心のまま肉棒を求める彼女においては、奇妙な性癖よりも、性欲過多が目立つ。

また、プレイのパワフルさも彼女の魅力の一つである。

内なる欲望に負けない、アグレッシブな運動量。

SEXをまるでスポーツかのように楽しむエロアスリート。

とはいえ、彼女にスポーツ選手のような、戦略性、冷静さはない。

理性など遠く離れたところに忘れてきてしまった、性獣(エロティック・ビースト)である。

理性に打ち勝つ欲望。

圧倒的な勝利である。

彼女にあるのは、性欲望だけだ。

ゆとりダメ店員

本作品は全裸で接客する「全裸店員」が、接客から発展してSEXに至るドラマを描いた非日常系作品である。

しかし、作品の冒頭において、彼女が「全裸店員」になる前の姿も描かれている。

当初彼女は、淫乱店員ではなくて、ただの典型的なゆとりダメ店員であったのだ。

直接的なファック・シーンではないが、意外に面白く、彼女の演技力も際立っていて悪くない。

本作品は、その特徴をまとめ、ストーリーに沿って紹介している。

以下がその概要だ。

ダメ店員の特徴

・料理をドンっと叩きつける様に置く

・お客様にタメぐち

・違う商品を勧め、断ると態度が悪くなる

・注文を確認したのに違う料理が届く

・勝手に会計を変える

・平気で嘘をつく

・何か教えてもらってもメモを取らない

・何かミスをしても謝らない・言い訳をする

・レジ打ちが遅い、慎重にやっていても間違う

・無駄に高いプライド、強く言い過ぎると次の日に来なくなる

あきらかにやる気のない、だらしのない店員である。

実際に、客へのタメぐちや、料理の置き方が気になる店員など、さっさとクビにしてしまってほしいくらいだが、飲食業はバイト、フリーターに依存したビジネス構造であるため、なかなか大変なのだろう。

とくに最近は人手が少なく、だらしない店員でも働いてさえくれれば文句は言えないのかもしれない。

それにくわえてゆとり世代である。

だが、こういっただらしない店員においては、性的な匂いを強く感じさせる。

いつでも股を開きそうなユルさ。

その雰囲気が、彼女の演じるダメ店員にも十分にじみ出ており、ある意味ではヌけるシーンだ。

また、ドMな読者にとっては、そのツンケンした態度が、余計に性欲を駆り立てることだろう。

いきなり全裸、そして痴女化

そんなダメ店員に見かねて、他の社員が彼女を強く叱責する。

だらしのないバカな彼女は、「なんか自分から行動したらどうなの」という説教の言葉が脳内を駆け巡り、何を思ったのか、服を脱ぎ始めるのである。

「いままで上手くできてなかった分、一肌脱がなきゃと思って」

完全にバカである。

だが実際には、誠意を見せているのではなく、単純に羞恥プレイを楽しんでいるど変態であるのだ。

その証左が、パンツのシミである。

彼女の着用しているパンツは、セルフ羞恥プレイに感じてた彼女のおま◯こによって、じっとりと濡れてシミができている。

それを見つけた客と店員は、彼女をお仕置きするように、乱暴に犯すのだ。

彼女もまた、M気質の変態性を発揮し、大衆に見られるほど、犯されるほど、興奮していく。

全裸店員として、看板娘であった彼女は、徐々に欲にまみれて薄汚れ、最終的には肉便器へと堕ちる。

それが最終シーンにおける、怒涛の大量ぶっかけ、大量中だしプレイである。

ゆとり店員からのレイプマシーンへの変遷はドラマティックで必見だ。

h_068mxgs00918jp-9

おすすめプレイ・シーン

スプラッシュ潮吹き

本作品の魅力は、ドラマ性だけではない。

性欲のバケモノである由愛可奈の淫乱プレイが炸裂している。

そのひとつが、豪快なスプラッシュ潮吹きだ。

勢いよく放たれる潮は、彼女のパワフルな性欲を象徴するかのようだ。

手マンやSEXによって、何度も潮吹きを繰り返し、座敷の畳を大胆に濡らす。

まさに獣のような力強いプレイである。

濃厚セルフディープスロート

彼女のドM変態性癖が浮きぼりになるのが、セルフイラマチオだ。

自ら喉奥の苦渋と快楽を求めて、貪欲に肉棒を飲み込む彼女。

あまりにも深いところまで押し込まれ、嗚咽と唾液が止まらない。

長時間のイラマチオたっぷりプレイによって、彼女の口周りは汚らしいヨダレの糸が幾筋も垂れている。

本作品は1vs1のSEXよりも、大衆居酒屋で大勢の客に囲まれた輪姦プレイが基本である。

そのため、何本もの異なる肉棒を、次々に咥えていくダイナミックな連続イラマを繰り広げる。

終わらないイラマチオ、溢れ出るヨダレ。

汚すぎる口便器へと堕ちていく圧巻の口淫ファックである。

彼女はそもそもだらしのないオンナであり、SEX中はつねにヨダレを垂らす理性なき淫獣である。

ゆえに、イラマ祭りのヨダレ祭りは圧倒的な薄汚さを見せつけてくれる。

女体盛り・わかめ酒・潮吹き酒

変態居酒屋に欠かせない至極の料理、それが女体盛りである。

「女体盛り」は男の憧れであり、究極のグルメではないだろうか。

実際にやってみようとしても障壁は高いが、それでもそのエロさと神秘さは格別である。

本作品においては、テカテカの油まみれになった彼女の全身に、新鮮な刺身が盛り付けられている。

それらを嬉々として食す客の中には女性もいて、「宴」としてのリアリティを演出している。

もちろん客は、ただ単純に食べるのではなく、乳首をなぶったり、マ◯コ、あるいはまん汁に浸して刺身をいただくのである。

そうした行為によって興奮し、感じる彼女からは、より良い「出汁(だし)」が出るというわけである。

なんと上品で奥ゆかしく、下品で野蛮な作法であろうか。

また、本シーンでは、「わかめ酒」も楽しむことができる。

「わかめ酒」とは、太ももの間に酒を注ぎ、女性を酒器として扱うプレイのことだ。

酒に浸ってゆらゆらと揺れる黒い陰毛がワカメのようであることからその名が付いたわけだが、やはり女性の「出汁」が染み渡る一杯を提供してくれるのである。

最後に、極め付けの嗜好品が、潮吹き酒である。

その名の通り、潮吹きで放出された液体を酒に見立て、おちょこに注いで飲むプレイのことである。

テーブルの上に横たわった女体から力強く放たれる潮は、まるで生命の神秘のごとく神々しい。

そして、それと同時にエロティックである。

これほど贅沢な宴はない。

女体を堪能し尽くす至極の宴会だ。

h_068mxgs00918jp-6

評価

由愛可奈の全裸店員企画。ドラマ仕立てでストーリーを楽しむことはもちろん、変態痴女らしい野蛮なプレイの数々も必見だ。とくに女体盛りや潮吹き酒は美しくかつエロティックであり、映像作品として優れている。彼女の潮吹きは豪快であり、なかなかアクの強そうな味がしそうではあるが。
【シーン1】全裸接客居酒屋
全裸居酒屋、主観、ローター挿入接客、積極的痴女、ご奉仕店内フェラチオ、クリいじりオナニー同時フェラ、口内射精フィニッシュ
【シーン2】全裸店員誕生秘話
3P、染みパンティ、クンニ、公開オナニー、アナル接写、潮吹き、イラマチオ、セルフイラマ、ディープスロート、唾液、涙目、ハメ潮、ダブルインサート(フェラ+挿入)、腰振り騎乗位、中出しフィニッシュ
【シーン3】店内公開ファック
複数プレイ(客)、潮吹き、染み畳、食事散乱、ハメ潮、ハードピストン、正常位中出しフィニッシュ
【シーン4】女体盛り
非日常、女体盛り、乳首嬲り、まん汁漬け刺身、わかめ酒(まん毛酒)、ローター・バイブ・電マ責め、潮吹き酒(飲酒)
【シーン5】店内輪姦・大量ぶっかけ大量中出し
複数プレイ、痴女、濃厚ベロキス、顔面騎乗位、スプラッシュ潮吹き、連続フェラチオ・連続イラマチオ、唾液まみれ、ダブルインサート、白泡ヨダレ垂れファック、顔射×4、中出し×3、膣内ザーメン逆流
【シーン6】おまけ
卓上潮吹き、潮かけ焼きそば
評価 ★★☆☆☆

h_068mxgs00918jp-2

h_068mxgs00918jp-1

h_068mxgs00918jp-3

h_068mxgs00918jp-4

h_068mxgs00918jp-5

h_068mxgs00918jp-7

h_068mxgs00918jp-8

h_068mxgs00918jp-10