焦らし→イラマチオ→連続FUCKで極限絶頂状態-今永さな

AV鑑定団


透明感のある美白肌女優、今永さな。

美人ではないが、彼女がイイ女であるのは、そのエロティックなカラダのおかげであろう。

最高品質の美白肌と、Gカップ巨乳の圧倒的なスタイル。

そして彼女は、ミステリアスで奥ゆかしい、変態痴女でもある。

ドM気質の彼女は、本作品のインタビューでも、超弩級の刺激を求めてAV業界を志したと告白している。

もの静かな彼女の内側には、常識ハズレの異常性欲が渦巻いているのだ。

そんな彼女が本作品で挑むのは、プレステージの人気シリーズ「トランス状態・激イキ絶頂セックス」である。

本シリーズは、あらゆる演出によって、女優を極限状態へと落とし込む究極の快楽世界を見せつける。

本作品においても、定番の演出から、新しい技法まで、彼女を快楽漬けにする様々な工夫が施されている。

変態痴女を覚醒させるエキセントリックな濃厚セックスは必見だ。

徹底レビュー

最高のカラダ

今永さなはぶっちゃけ、ブサイクだ。

それでも、彼女の作品が我々を魅了するのにはワケがある。

まず第一に、その圧倒的なスタイル。

きめ細やかな肌は、まるで樹脂素材でできているかのような滑らかさ。

それでいて、樹脂では表現できない、もちもちの弾力感。

Gカップの巨乳と、太すぎず細すぎない適度な肉付きの肢体が、彼女をレベルの高い「美女」として認識させるのである。

また、彼女はAV女優として適格な異常性癖の持ち主でもある。

プレステージ専属の単体女優でありながら、ドMな性癖をいかして、パワフルでハードな作品にも出演している。

彼女のセックスには、一般の女性には到底出し得ないエロチシズムが宿るのだ。

そしてそもそも、ブサイクなオンナが「悪い」なんてことはない。

むしろ、ブサイクなオンナの方がヌける。

彼女の作品を見れば明らかだが、我々は、崩れかけた美にこそ、エロスを感じるのである。

美しさと醜さの力動関係こそが、性的意味の最重要事項である。

その意味で彼女は、絶妙なバランスのブサイク女優なのだ。

極限焦らしトランスSEX

本作品の1シーン目は、極限焦らしセックスだ。

これは本シリーズではおなじみのプレイとなっている。

明確な性感帯(乳首やクリトリス、膣など)は触られず、その周辺のみ責められる焦れったいプレイに翻弄される彼女。

性欲だけが高まっていくが、しかし、それらは昇華されることなく溜まり続ける。

そんな中、もう一人の女優・芦名ユリアが現場に現れ、彼女の前で、濃厚なSEXに興じ、見せつけるのだ。

芦名の粘っこいプレイと直接的な挑発が、彼女の性欲を余計にオーバーヒートさせるのである。

なかでも、今永の股を通した肉棒をフェラチオするプレイは凄まじい。

そして、彼女の性欲が極限まで溜まったところを見計らって濃厚なセックスが始まる。

汗だくになりながら、絶叫し、イキまくる本気の野蛮プレイ。

精神状態が恍惚の世界、あちら側へと越えてゆく、まさに「トランス」セックスだ。

また、畳の引かれた和室で、ハイヒールの土足のまま淫らに乱れ狂う様もたまらない。

異様な行動、禁止を犯すことほど、我々をトランス状態へと高めてくれるのだ。

さらに、撮影直後のオフショットも収録済みである。

彼女がありのままの心情を吐露する貴重なシーン。

変態痴女の包み隠さない素直な感想には注目だ。

118abp00562jp-3

首絞めトランスSEX

2シーン目は首絞めセックスだ。

「首絞め」だけあって、ハードなSMプレイが描かれる。

赤いロープで緊縛した状態で、彼女のカラダをめちゃくちゃに犯す様は迫力満点だ。

なおかつ、そんな乱暴なプレイに感じる彼女のドM性も素晴らしい。

彼女は、首絞めの苦しさに興奮する異常性癖者である。

本作品によれば、首絞めプレイは、SMとしての、いわゆる認識論的な快楽だけではなく、ドーパミンの分泌による物理的で直接的な快楽も有している。

そんな刺激的なプレイに、彼女は何度もイキ狂い、オカしくなる。

また、SM要素はもちろん首絞めだけではない。

イラマチオ、指イラマ、乳首いじり・・・。

ディープスロートによって、大量の唾液が溢れ出る様は壮観だ。

2017-02-23 23.02.37

九浅一深法&柔入剛出法

3シーン目は「九浅一深法」と「柔入剛出法」を駆使したセックスとなっている。

「九浅一深法」とは、その名の通り、「ペニスを9回浅めに出し入れし、10回目に深く挿入する出し入れ方法」である。

また、「柔入剛出法」とは、「ベニスを優しく挿入し、ペニスを抜く際、強く抜くという性交」のようだ。

なんとも胡散臭い話ではあるが、ようは、男優の圧倒的な技術力で、彼女がめちゃくちゃ感じて、絶頂を迎える様を堪能できるのだ。

あまりにも気持ちの良い刺激的なセックスに、彼女は唾液を垂らしながら、あるいは白目を剥きながら喘ぎ、絶叫する。

弓なりに仰け反り、何度もイキまくる姿は圧巻だ。

首筋の血管が浮き出るほどの、力強い絶頂である。

野生的でパワフルな「エロ強い」セックスは何度でもヌけるおすすめのシーンだ。

118abp00562jp-8

痙攣失神爆音ピストン6P

最終シーンは5人の男優との激しい攻防を繰り広げる絶頂6Pセックスである。

彼女は、5人の屈強な男たちに、代わる代わる激しいピストンで突かれ、めちゃくちゃに犯されるのだ。

5人もいるため、それぞれの挿入時間を短くして、最上級の激ピストンでマンコを回せるのである。

アクロバティックな連続体位変換で、容赦なき快楽地獄へと墜とされる彼女。

膣がぶっ壊れそうなほどの、衝撃的なプレイである。

パワフルなセックスで、彼女の着用しているナースコスプレの衣装が乱れてゆく様も一興だ。

スポーツのような運動量で、彼女のカラダからは大量の汗が噴き出し、ピンク色のコスチュームはびしょ濡れだ。

そして最後は、5人の男優全員による連続顔射フィニッシュ。

ザーメンで顔面がどろどろになりながらも、膣奥を突かれてイキ狂う姿は最高にエロティックだ。

2017-02-23 23.04.34

2017-02-23 23.04.45

評価

今永さなのプレステージ人気作品「激イキ絶頂セックス」。シリーズの他作品と同じような構成で、焦らしSEXや6P連続ピストンといった定番のプレイはもちろん、首絞めSEXのSM全開プレイも必見であり。ドMな彼女が、首を絞められ、あるいはイラマによって喉奥を突かれ、悶えながら感じる姿はエロすぎる。本作品は、彼女の変態性をうまく引き出した素晴らしい作品だ。
【シーン1】極限焦らしトランスSEX
ランジェリー、濃厚ベロキス、耳舐め(♀←♂)、指フェラ、焦らし前戯、見せつけSEX(芦名ユリア)、土足ハイヒール(畳)、寸止め手マン・電マ、マジイキ、潮吹き、汗だく、正常位口内射精フィニッシュ、お掃除フェラ、撮影後インタビュー
【シーン2】首絞めトランスSEX
ポルチオマッサージ、緊縛(ロープ)、指フェラ、指イラマ、唾液、首絞め、クンニ、アナル接写、アナル舐めPTM、イラマチオ、ディープスロート、嗚咽、ハメキス、頭鷲掴み後背位、クビシメ正常位、顔射フィニッシュ
【シーン3】九浅一深法&柔入剛出法
10分間クリトリス責め(クンニリングス)、九浅一深法(30分)、柔入剛出法、汗だく、顔射フィニッシュ
【シーン4】痙攣失神爆音ピストン6P
ナースコスプレ、土足ベッド(ナースサンダル)、汗だく、連続ピストン、連続体位変換、アクロバティックプレイ、唾液、白目・泡吹きアクメ、顔射5発
評価 ★★★★☆

118abp00562jp-1

118abp00562jp-2

118abp00562jp-4

118abp00562jp-5

118abp00562jp-6

118abp00562jp-7

118abp00562jp-9

118abp00562jp-10

118abp00562jp-11

cap_e_11_abp-562

cap_e_12_abp-562