ALL NUDE 三上悠亜

AV鑑定団

oae00101pl

奇跡のアイドル

元アイドル界のビッグネーム、奇跡のAV女優、三上悠亜。

彼女の6作目となる本作、彼女はそろそろAVの仕事に慣れてきた頃かもしれないが、その衝撃は色褪せない。

彼女の良さは、元アイドルという、情報としての話題性だけではない。

美しくセクシーな身体もまた、彼女のリーサルウェポンであるのだ。

真っ白な肌というよりも、綺麗なクリーム色。

圧倒的な肉感と、アイドルの身体のリアリティを強調するような肌感であり、いわゆる「美白」なんかよりも、格段にエロい。

そして、やはり注目すべきは、理想的すぎる、薄い控えめな乳首の色である。

アイドルの乳首は、やっぱり綺麗なサーモンピンクである。

我々の妄想の大勝利だ。

メラニン色素の薄い彼女は、当然アナルも美しい。

アイドルの乳首、アイドルのアナル。

アイドルの最も秘められた部位でありながら、彼女においては、最もアイドルらしさを体現する部位なのだ。

イメージビデオ+AV作品

彼女のカラダの素晴らしさを伝えたところで、本作の内容をみてみよう。

本作は、作品タイトルの通り、あくまでイメージビデオである。

AVとしては、残念ながら、短めの本番シーンが2つ収録されただけであり、しかもノーフィニッシュである。

むろん、元アイドルだから濃厚な絡みはNG、というわけではない。

あくまでAV鑑賞を楽しみたい読者は、過去の他の作品を見れば、彼女の濃厚なセックスをたっぷりと堪能することができる。

とはいえ、イメージビデオとして観るならば、本作は十分すぎるほどの満足感をあたえてくれる。

アイドルのイメージビデオとして、ここまで美しく、エロティックな作品は他にない。

とりわけ、AVの演出よりも、イメージビデオとしての撮影技法の方が、彼女の美しいカラダを最大限に味わうことができるのである。

彼女のカラダは、どれだけ近くに寄っても、アイドルとしてのクオリティを保つ美肌である。

とくに、お尻の美しさは異常だ。

一般の女性ならば、少なからずデキモノや黒ずみが目立つ部位である。

しかし彼女の尻は、正真正銘、ぷりっぷりの桃尻である。

桃尻、メラニン色素の薄いピンク唇、乳首、アナル、そして鬼頭「桃」菜という旧名のシニフィアン、その全部が、甘い果実のみずみずしさを彷彿とさせるのである。

彼女は、AVの接写に耐え得る素晴らしきアイドルであるのだ。

接写、接吻、美しきカラダ

二時間超えの本作の、3/4はイメージビデオである。

緑香る美しい川での水遊び、セクシーな着衣透けシャワーシーン、隠し撮り風生着替え全裸シーン、肌煌めくオイルローションマッサージ。

2016-07-03 23.39.43

様々な場面、演出で彼女のカラダをたっぷりと楽しむことができる。

なかでも特筆すべきなのが、ディルドとアイスクリームを舐め回す対物フェラチオである。

彼女の口周りが白いアイスクリームで汚れる様が堪らない。

美しい彼女が、アイスクリームで汚れてしまうという下品さ、行儀の悪さがエロティシズムを喚起する。

2016-07-03 23.38.17

清々しい朝、爽やかなセックス

本作に収録された本番シーンの一つ目は、まさにアイドルらしい爽やかなセックスである。

メルヘンチックなインテリア、白いカーテン、白いベッドシーツが彼女によく似合う。

濃密・ハードプレイではないが、彼女の本気の喘ぎ声はしっかりと楽しむことができる。

彼女のセックスは、セックスでありながら、どこまでも美しく、綺麗な絵面である。

本シーンは、イメージビデオの延長として、アイドルのまま、彼女のセックスを受け入れることが可能であるのだ。

2016-07-03 23.41.57

浜辺で主観アングルセックス

本番2シーン目もアイドルらしく、浜辺でのリゾートセックスである。

アイドルと浜辺はよく似合う。

もはやモデル・アイドルたちの仕事場といっても過言ではない浜辺であるが、そんな昔の仕事場で、彼女は大胆にセックスをするのだ。

ビキニ、パラソル、バスタオルが、浜辺の絵面を綺麗に彩る。

彼女のような女とリゾート気分で海辺でセックスできたら、どんなに良いだろうか。

本作は、我々の性欲と妄想を、無限に広げるのである。

2016-07-03 23.46.04

 

【シーン1】
イメージビデオ、ディルド舐め、アイスクリーム舐め、オイルローション、生着替え、オナニー
【シーン2】
ベッドルーム、主観アングルセックス、ノーフィニッシュ
【シーン3】
浜辺、主観アングルセックス、立ちバック、ノーフィニッシュ
評価 ★★☆☆☆

oae00101jp-1

oae00101jp-2

oae00101jp-3

oae00101jp-4

oae00101jp-5

oae00101jp-6

あわせて読みたい記事