古川いおり 人妻監禁レイプ 夫の出張中に中出し調教されるエリート若妻

AV鑑定団

1star00676pl

 

ミステリアスで隠微な印象をもつ古川いおり、彼女はやはり生粋のマゾヒストだ。

本作は人妻設定の彼女を陵辱するSM作品である。
社長の夫人として、自由気ままに優雅な生活を送る彼女。
金持ちを落として、自らも高い身分になったと高飛車になる勘違い女の典型パターンである。

そして彼女は性欲も強い。
夫に甘え、すぐに行為へと及ぼうとする彼女は、愛に植えて、欲にまみれている。

しかし、じつは夫には飽きられて、愛想をつかされており、夜の行為を誘っても、仕事で疲れたと適当に済まされてしまう。
さらに、出張に行くと嘘をつき、他の女の元へと遊びにいってしまう社長。

そんな残念な女であるが、社長夫人としての高慢な態度から、夫の会社の従業員に恨まれて監禁レイプされる。

すなわち我々は、うざい女である彼女を処するという設定にそって、お手軽にサディスティックな快楽を得られるのだ。
おそらく、SM願望の薄い読者であっても、この最低な女のおかげで、自らの内に眠るSM趣味が、ある種のミソジニーと相まって昇華されることであろう。

さて、そんな視点を確立した我々にとって、首輪をはめて彼女を性奴隷とし、四六時中乱暴にハメまくる演出は最高にヌける。
とりわけ圧巻なのは、(男優のプロ意識も垣間見れる)絶倫連続中出しプレイである。
4発連続で射精する男優にはもちろんあっぱれであり、乱暴でありつつも単純に殴る蹴るの痛ぶるような暴力ではなく、
純粋な性による暴行、このセックスによる破壊行為が堪らない。

セックスとはそもそも、子孫繁栄のための建設的な行為であるはずだ。
しかしここで行われるのは破壊行為である。
この認識論的な行為と意味の乖離、矛盾こそSMの最高の蕩尽だ。

我々は、この認識を有するからこそ、SMで最高にヌけるのだ。

 

【シーン1】
旦那とセックス、おねだり、痴女、正常位中出しフィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン2】
監禁レイプ、拘束プレイ、絶倫連続中出し、顔射、お掃除フェラ
【シーン3】
監禁レイプ、拘束プレイ、電マ責め
【シーン4】
潮吹き、ローター責め
【シーン5】
性奴隷、性奉仕、正常位中出しフィニッシュ、絶倫舌出しフィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン6】
3P、潮吹き、足指舐め、イラマチオ、連続中出し
【シーン7】
フェラ、口内射精、ごっくん
評価 ★★★★★

1star00676jp-3

1star00676jp-9

1star00676jp-15