人生初・トランス状態 激イキ絶頂セックス 園田みおん

AV鑑定団

118abp00485pl

「人生初・トランス状態 激イキ絶頂セックス」、やはりこのシリーズはたまらない。
我々が最近はまっている園田みおんが本シリーズに登場したので早速レビューしよう。

まずは彼女に他の女優のセックスをみせつける定番のシーン。
しかも、ただみせつけるだけではないのがこの企画の特徴だ。

つまり、最初にある程度、男優に彼女との一連の絡みを行わせ、彼女がいよいよセックスの本気モードとなったころに、他の女優が男優を奪う形でセックスを始めるという演出だ。
それまで十分に愛撫されていた彼女は、突如現れた女によって全ての欲望が脱臼する。

まさに彼女のお腹の上で、別の男女が激しく腰を揺らし、最後の舌出し射精まで目の前で、ゼロ距離で見せつけられる。
嫉妬し、焦らされ、彼女の心理状態は混乱し、ますます欲望の深い渦へと押し込まれていく。

ようやく手足が解放され、男の肉棒が与えられると、快楽をもとめるままに、貪るように激しく食らいつく。
最後まで、別の女優と肉棒を奪い合いながらも、溢れ出る自らの欲望に忠実に従う様は、我々の野蛮で原初的な感情を揺さぶる。

溜まりに溜まった全ての性欲をぶちまけるように潮まで吹く彼女は、もはや「綺麗なお姉さん」ではなく、ただの「動物」だ。

我々にとって、取り繕った女が、野蛮な性欲を露骨にし、動物へと化す、そういった作品こそが良作であり、
この作品も、いままでのシリーズ通り、納得のいく出来となっている。

とりわけ本作は、いまだにどこか女を取り繕っていた園田みおんが(良いのはスタイルだけ、スタイル貧乏であった彼女が)、
自らの欲望のダムを決壊させた、記念すべき作品であろう。

【シーン1】
焦らし、見せつけセックス、潮吹き、正常位顔射フィニッシュ
【シーン2】
ヨガ、性感帯マッサージ、正常位顔射フィニッシュ
【シーン3】
淫乱ハーブ吸引、足指舐め、唾液、正常位顔射フィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン4】
ナースコスプレ、6P、強引なセックス、唾液、唾液の泡、正常位顔射フィニッシュ
評価★★★★☆

118abp00485jp-5

118abp00485jp-2

118abp00485jp-6

118abp00485jp-10

あわせて読みたい記事