園田みおんのスペシャルご奉仕高級風俗

AV鑑定団

美と醜のダイナミズム

最近はまっている園田みおん。

あまりソープ嬢ものは好きではなかったのだが、
濃厚なローションプレイを見たくて購入。

まず、彼女について。

顔はとても整っており、上品で大人らしい印象を与える。
しかしながら、みおんちゃんの白い肌は、所々汚さが目立つ。
特にお尻や肩、背中あたり。
さらに言えば、胸の形もあまり綺麗なものではない。
しかし、その汚さこそが、顔の美しさと対局をなして余計に興奮する。
むしろ汚さこそが、顔の綺麗さを際立たせている感じだ。

エロは秩序を壊すときに感じるものだ。

美と醜が相まって、エロがある。
この究極はスカトロだと考えているが、この話は違う機会に笑

そういうわけで、みおんちゃんはめちゃくちゃエロい。

では、この作品自体はどうか。

感想としては、期待以上にローションのエロさを引き出している作品だった。

みおんちゃんの白い肌によってヌルヌル・ベトベト感が際立っている。
からだの使い方、男優さんへのローションの塗りたくりがとってもねっとり。
ソープ嬢ものとして、なかなか上手く表現できているのでは。
そこらじゅうでローションの糸がのびていて堪らない。

先ほどの美醜の構図をあげるならば、
まさにローションによって汚くよごれているみおんちゃんのからだと同時に、
”超高級”風俗嬢というテーマとともに与えられた美しいセットが対立を成していてエロすぎる。

もっと言えば、そもそもローション自体が美と醜をもつ。
べとべとにからだが汚れていくと同時に、てかてかに光が反射し、美しくもある。

さて、基本的なローションマットプレイは2シーン目だが、
もう一つ注目したいのが、5つ目の和装シーン。
男根を箸でつついたり、スケッチしたり、輪投げをしたりと、
セックス以外の絡みでエロを表現している。
これは日常的な世界に、性的シンボルをぶち込む異化作用で、めちゃくちゃ興奮する。
我々的に言えば、こういったシーンのみで一本を仕上げている作品を観たいくらいだ。
欲を言えば、最初の小便のくだりで、そのまま畳に小便をぶちまけてほしかった。

まあ、全体的には満足だった。

【シーン1】
着替え、入浴、泡プレイ、フェラ(フィニッシュなし)
【シーン2】
ローションプレイ、すけべ椅子、マットプレイ、外だしフィニッシュ
【シーン3】
バニーガール、フェラフィニッシュ
【シーン4】
バーテンダーS嬢プレイ、外だし(尻)フィニッシュ、お掃除フェラ
【シーン5】
着物プレイ、箸、スケッチ、輪投げ、手コキフィニッシュ
【シーン6】
コスプレ(CAっぽい)プレイ、マッサージ、外だしフィニッシュ
評価 ★★★★☆>

snis00515jp-2

snis00515jp-3

snis00515jp-6

月額動画で見よう!
FANZA:S1ch
月額3,980円作品4,040本
画質HD評価
有名女優独占・限定
タロウ
「超高級風俗嬢 園田みおん」はFANZA月額動画・S1chでも視聴可能です!

S1作品はFANZA独占のため、FANZA月額動画以外の月額見放題プランでは視聴することができません!

月額動画の詳細については次の記事をご覧ください!

あわせて読みたい記事

タイトルとURLをコピーしました